メンバツリーに従ったドリルダウン帳票を作成したい

Form

質問

メンバツリーに従ったドリルダウン帳票を作成したい。

回答

フル機能版フォームでは、パラメータで選択したメンバを視点メンバとして、メンバリスト 「視点メンバの子(直下のメンバ)」 により展開することができます。
さらに ドリルダウン機能 を組み合わせることにより、ディメンションのツリー構造に沿って分析可能な帳票を作成できます。

参考例

以下は組織をパラメータとし、組織ツリー構造に従ってドリルダウンするフォーム例です。

①、②の機能を組み合わせることで、メンバツリーに従ったドリルダウン帳票を作成することができます。

組織ツリー
フォーム画面

操作解説

  1. パラメータで全社計を選択すると「視点メンバの子(直下のメンバ)」である、営業本部と管理本部が横軸に表示されます。

  2. 横軸に表示されている営業本部をクリックすると、ドリルダウン先に(同じフォーム)が設定されているので、パラメータとして営業本部が引き渡され同フォームに遷移します。
    再表示された画面ではパラメータは引き渡された営業本部がセットされるので横軸には「視点メンバの子(直下のメンバ)」である、東京地区、京都店、営業企画が表示されます。

  3. 同様に東京地区をクリックすると、パラメータに東京地区がセットされ横軸に六本木店、代官山店、横浜店が並ぶ画面が表示されます。

(参考)その他のドリルダウン

上記はメンバツリーに沿ったドリルダウン帳票の例ですが、実績残高から伝票明細へのドリルダウンや売上高から製品別売上へのドリルダウンなど、元帳を跨いだ異種データへのドリルダウンも設定可能です。