クリップボードでメンバをインポートすると重複エラーが発生する

Design

質問

ディメンション構造を【旧】から【新】へ変更するため、クリップボードからメンバをインポートし、チェックしたところ「重複」エラーが生じました。
他の構造は変更したくないため、インポートデータには、東京地区(親メンバ:営業本部)と代官山店(親メンバ:東京地区)のみ含めています。 原因と回避方法を教えてください。

【旧】

  + 全社/ALL
     ├ + 営業本部/OH100
     │    └ 代官山店/101

【新】

  + 全社/ALL
     ├ + 営業本部/OH100
     │    └ + 東京地区/TOKYO  -> 新規追加
     │         └ 代官山店/101  -> 東京地区の直下へ移動

【インポートデータ】

ADD_OR_UPDATE_MEMBER HDR LABEL REMOVE_CHILDREN NAME:en NAME:ja P:#MEMBER_TYPE P:#LEAF P:#ACTIVE PARENT IS_ROOT

ADD_OR_UPDATE_MEMBER

DTL

TOKYO

TRUE

東京地区

TEMPLATE

FALSE

TRUE

OH100

FALSE

ADD_OR_UPDATE_MEMBER

DTL

101

TRUE

代官山店

TEMPLATE

TRUE

TRUE

TOKYO

FALSE

回答

インポート前は、「代官山店/101」は「営業本部/OH100」の直下にあります。

  + 全社/ALL
     ├ + 営業本部/OH100
     │    └ 代官山店/101

続いて、インポートデータを階層構造で表すと以下の通りです。

  ( + 営業本部/OH100)  -> 当メンバはインポートデータに含まれず、東京地区/TOKYO の PARENT 欄で指定されているのみ
        └ + 東京地区/TOKYO
             └ 代官山店/101

以上から、メンバをインポートした後の階層構造は以下のようになり、 fusion_place では、ひとつの集計メンバの下の二箇所に同一メンバを登録することは出来ないので、重複とみなされます。

  + 全社/ALL
     ├ + 営業本部/OH100
     │    ├ 代官山店/101  <- 重複(A)
     │    └ + 東京地区/TOKYO
     │         └ 代官山店/101  <- 重複(B)

重複を回避するために、「営業本部/OH100」直下の 重複(A)「代官山店/101」を削除します。 現状、インポートデータに含まれていない「営業本部/OH100」データを先頭に追加、「REMOVE_CHILDREN」を TRUE にしインポートすることで、 「営業本部/OH100」直下から「代官山店/101」を削除することができます。

手順

インポートデータの先頭に 1 行追加し、そのラベル欄を「OH100」、REMOVE_CHILDREN 欄を TRUE として下さい。
他の項目は、変更前の状態で「営業本部/OH100」をエクスポートした内容と同じです。

ADD_OR_UPDATE_MEMBER HDR LABEL REMOVE_CHILDREN NAME:en NAME:ja P:#MEMBER_TYPE P:#LEAF P:#ACTIVE PARENT IS_ROOT

ADD_OR_UPDATE_MEMBER

DTL

OH100

TRUE

営業本部

TEMPLATE

FALSE

TRUE

ALL

FALSE

PARENT 欄は、親子関係の紐付けを新たに行いますが、既存の親子関係をクリアすることはしないので[1]、親子関係を断ち切るときは、親側にて、REMOVE_CHILDREN を TRUE にし、子メンバを除去する必要がございます。

その後の行で「東京地区/TOKYO」を登録すれば、新たに「営業本部/OH100」の子として登録されます。

上記の対応を採った場合、「営業本部/OH100」の配下に「東京地区/TOKYO」以外の子メンバも存在するのであれば、それらと「営業本部/OH100」の親子関係も断ち切られる点にご注意ください。
親子関係を断ち切りたくないメンバが多い場合、変更部分だけ読み込むのではなく、エクスポートしたメンバデータをもとに、エクセル上で、適宜、メンバを追加/修正して読み込む方が簡単かもしれません。

1. ひとつのメンバにつき親メンバが複数存在する(つまりひとつのメンバが複数のツリーに属する)ケースがあるため、このように、PARENT 欄では、親を追加できるだけで、親の除去は出来ない仕様としております。