インストール時の留意事項(ユーザアカウント権限)

Setup System Environment

質問

fusion_place のインストール時の留意事項はありますか。

回答

fusion_place をインストールしたい PC で通常使用しているユーザアカウントに管理者権限が無い場合、及びサーバ機に fusion_place をインストールする場合、使用する Windows ユーザアカウントについて注意が必要です

以下の留意事項は、スタンドアロンで運用される場合は当該 PC、Web サーバベースで運用される場合にはサーバ機について該当します(要するに fusion_place のインストール先のコンピュータについて該当します)。

  • fusion_place をインストール する場合、必ず管理者権限を持つユーザアカウントを用いて下さい。

  • fusion_place サーバプログラムは、インストール時に「Windows サービス」として登録されます。通常運用時において、インストール時のユーザアカウントでログインしていない状態でサーバを稼働する場合、この、fusion_place サービスが、管理者権限を持つユーザアカウントで実行されるよう、Windows サービス等を設定して下さい[1]
    fusion_place のサービス名等は以下の通りです。

    1. サービス名: FusionPlace

    2. 表示名: fusion_place server

  • 上記の場合、サービスを実行するユーザアカウントには以下のフォルダ配下への読み取り/書き込みアクセス権を付与しておいて下さい。いずれのフォルダもインストール実行時に初期提案値が表示され、変更も可能です。

    1. fusion_place のインストール先フォルダ

    2. データベースファイルを置くフォルダ

スタンドアロンの場合の留意事項

fusion_place のメニューアイテムやアイコンは、インストール時に使用したユーザアカウントのメニュー及びデスクトップのみに表示されます。

管理者ユーザアカウントでインストールした場合、それとは異なるユーザアカウントでログインすると、メニューアイテムやアイコンが表示されません。

この場合、インターネットエクスプローラから、http://localhost:50000/fusionplace/app/ にアクセスするとメニュー画面が表示されますので、それをお使い下さい。この URL を「お気に入り」などに登録しておくと便利です。


1. Windows の サービス管理画面 で、そのサービスを実行するユーザアカウントを指定することができます。また、サーバプログラムの起動/停止を自動化する場合は、起動/停止のためのバッチファイルを Windows のタスクスケジューラに登録するのが一般的ですが、そうする場合には、タスクスケジューラにてユーザアカウントを指定することもできます。