ライセンス管理ダイアログの項目説明

管理者

(1)ライセンスとユーザ数パネル

〔システム属性項目〕

項目 必須 内容

お客様側管理名称

お客様がお使いの他の fusion_place システムと当システムを区別するために用いることができる名称。

この名称は、販売元(フュージョンズ社)が発行する見積書・注文請書等の文書に(システムキーとともに)記載されますので、わかりやすい名称をお付け下さい。

システムキー

(表示)

このシステム(fusion_place データベース)を他のシステム(fusion_place データベース)から合理的に区別するための乱数文字列。システム初期化時に自動設定されます。

システムキー欄の右に「再初期化」のためのボタンがあります。

初期化日時

(表示)

システムが初期化された日付と時刻(初期化に用いたコンピュータで既定値として設定されていたタイムゾーンに準拠)。

〔購入済みライセンス一覧〕

すでに、システムに組み込まれているライセンス許諾ファイルの内容を表示します。

項目 必須 内容

契約ID

(表示)

購入済みライセンスに振られた一意な番号です。

ユーザ数

(表示)

このライセンスによって、fusion_place の使用を許諾されるユーザの数です。すなわち、有効期間中において、ユーザアカウントの数(使用停止されているものを除く)がこの項目で示された数以下であれば、fusion_place の使用が許諾されます。

購入済みのライセンスが複数ある場合には、有効期間中の月ごとに、それらすべてのライセンスの「ユーザ数」が合計され、ユーザアカウントの数(使用停止されているものを除く)がその合計値以下であれば、fusion_place の使用が許諾されます。

開始月

(表示)

このライセンスの有効期間の開始月です。有効期間は開始月を含みます。

月数

(表示)

このライセンスの有効期間に含まれる月の数です。

終了月

(表示)

このライセンスの有効期間の終了月です。有効期間は終了月を含みます。

積数

(表示)

〔ユーザ数〕×〔月数〕です。この積数をもとにライセンス金額が決まります。

状況

(表示)

ライセンスのステータスです。購入済みライセンス一覧では必ず「許諾済み」となっています。

yyyy/mm × 3項目

(表示)

列ヘッダの「yyyy/mm」は、当月を含み今後3か月の年と月を表示します。各行にはその行が表すライセンスによって、上記各月に使用許諾されるユーザアカウントの数が表示されます。

購入済みライセンス一覧のすぐ下に以下の項目が表示されます。

項目 必須 内容

現在の
アクティブユーザ数

(表示)

現時点で登録されているユーザアカウントの数から、「使用停止中」のユーザアカウントの数および、アクティブな照会専用ユーザアカウント数のうち 10 を越える数を差し引いたものです。この「アクティブユーザ数」がライセンスでの制限対象となります。

現在の
登録ユーザ数

(表示)

登録済のユーザアカウントの数(使用停止されているものを含む)です。

(メッセージ欄)

(表示)

ライセンスの不足に関するメッセージを表示します。

〔未購入のライセンス一覧〕

作成途中、または作成されたが未購入のライセンスを表示します。

項目 必須 内容

ローカルキー

(表示)

未購入のライセンスに、仮に割り当てられたキーです。

ユーザ数

購入済みライセンスの各項目と同じです。ユーザ数・開始月・月数の三項目は、「状況」が「作成中」のライセンスについては編集可能(入力必須)となっています。

開始月

月数

終了月

(表示)

積数

(表示)

状況

(表示)

ライセンスのステータスです。未購入のライセンス一覧では「作成中」または「内容確定済み」となっています。

yyyy/mm × 3項目

(表示)

(購入済みライセンスの各項目と同じです)

未購入のライセンス一覧のすぐ下に以下の項目が表示されます。

項目 必須 内容

(メッセージ欄)

(表示)

一覧上で選択したライセンスについて、ライセンス条件指定内容の誤り等に関するメッセージを表示します。

(2)モラトリアムキーパネル

項目 必須 内容

モラトリアムキー

システムに適用されているモラトリアムキーです。

キーの意味の説明

(表示)

モラトリアムキー欄に入力されているモラトリアムキーの意味の説明が表示されます。