ユーザアカウントと権限

管理者

fusion_place を使用する各ユーザに対してユーザアカウントを与える必要があります。

ユーザアカウント名

ユーザアカウントを一意に識別するために、ユーザアカウント名が用いられます。ユーザアカウント名は、50 文字以下で、半角英数字およびピリオド( . )・下線( _ )・ハイフン( - )を使用可。大文字・小文字は区別されます。

ユーザアカウント名は、(アプリケーションごとではなく) システム 内で一意とする必要があります。ユーザアカウントをひとつ設定すれば、そのアカウントをどのアプリケーションにおいても使用することができます。

パスワード

各ユーザアカウントに対して、5 文字以上 50 文字以下の文字列をパスワードとして設定することができます。半角英数字およびおよび大部分の特殊文字を使用可能ですが日本語文字等は使用できません(※)。パスワードでは大文字・小文字は区別されます。パスワードは管理者およびユーザアカウントを与えられたユーザ当人が変更することができます。

管理者は、パスワードの最新変更日を確認することができます(バージョン 4.3.3 以降.で変更した日付に限られます)。

※ 正確には、ISO-8859-1 文字セットに含まれる文字(のみ)が使用可能です。

権限

各ユーザアカウントに対して、以下の権限を付与することができます。

基本権限

基本権限には、設計者権限・管理者権限・照会専用ユーザ権限の三つがあります:

設計者 権限

[マネージャ] を使用して、 設計オブジェクト管理オブジェクト を追加・変更・削除する権限です。

管理者 権限

[マネージャ] を使用して、 管理オブジェクト を追加・変更・削除する権限です。

照会専用ユーザ権限

データ照会機能に限定して fusion_place を使用することができる権限です。照会専用ユーザは、できることが限定される代りにライセンス特殊な優遇対応を受けるという意味で、一種の権限と看做されます。

設計者権限・管理者権限・照会専用ユーザ権限は、いずれかひとつのみ付与することができます(設計者権限は管理者権限を包含しています)。

三つのいずれも付与されていないユーザアカウントは、データの入出力を中心とした、(設計、管理以外の)通常業務一切に携わる権限を持ちます。これと、照会専用ユーザを併せて 業務実行担当者 と呼びます。「一般ユーザ」と呼ぶこともあります。

付加的権限

設計者権限・管理者権限のいずれかを持つユーザに対して、さらに以下の権限を付加して与えることができます:

ユーザ管理権限

ユーザアカウントを追加・変更・削除する権限です。

ライセンス管理権限

ライセンス購入オーダの生成とライセンス許諾の組み込みを行う権限です。

処理記録管理権限

マスタメンテナンスログおよび元帳更新履歴を削除する権限です。

アプリケーション限定権限

これは権限というより制限ですが、この権限(制限)を付与された設計者・管理者は、指定されたアプリケーションに限定して、設計・管理を行うことができます。具体的にどのアプリケーションに対して権限を持つのかは、各アプリケーションの 設計・管理権限表 にて指定できます。

ユーザ管理権限を与えられたユーザは、任意の権限を自分に与えることができます。したがって実質的にすべての権限を持つことになりますのでご注意ください。

ユーザアカウントの使用停止

ユーザ管理権限をもつ設計者・管理者は、個々のユーザアカウントを一時的に使用停止することができます。使用停止されたユーザアカウントで fusion_place を使用することはできません。また使用停止されたユーザアカウントはライセンス契約でのユーザ数の計算に含められません。

使用停止は一時的措置です。すなわち、ユーザアカウントを使用停止したのち、使用停止を解除することができます。その場合、そのユーザアカウントには、使用停止前に付与されていた権限がそのまま与えられています。