ユーザアカウントのエクスポート

機能概要

fusion_place [マネージャ] から行う「ユーザアカウントのエクスポート」と同じ機能です。すなわち、すべてのユーザアカウントの設定内容を、インポート可能な形式で出力します。ユーザ管理権限を持つユーザ以外は実行できません。

リクエストの記述方法

「ユーザアカウントのエクスポート」のリクエスト記述例を以下に示します。

<request type="EXPORT_USER_ACCOUNTS" desc="ユーザアカウント出力">
  <parameters/> (1)
  <contents> (2)
  </contents>
</request>
1 パラメタなし
2 リクエスト内容は不要

パラメタ

パラメタはありません。

リクエスト内容

「リクエスト内容」はありません。

レスポンスの内容

「ユーザアカウントのエクスポート」のレスポンス例を以下に示します。

<response type="EXPORT_DIMENSION" desc="ユーザアカウント出力">
  <returned-contents> (1)
    ADD_OR_UPDATE_USER_ACCOUNT,HDR,USER_ACCOUNT_NAME,・・・・
    ADD_OR_UPDATE_USER_ACCOUNT, DTL, "U001","六本木太郎",・・・・
    ADD_OR_UPDATE_USER_ACCOUNTT, DTL, "U002","代官山花子",・・・・
    ・・・・
  </returned-contents>
  <result>
    <code>SUCCESSFUL</code> (2)
    <started-at time-zone="Asia/Tokyo">2016/11/18 14:50:04.227</started-at>
    <ended-at time-zone="Asia/Tokyo">2016/11/18 14:50:07.827</ended-at>
    <messages>
    </messages>
  </result>
</response>
1 返却内容
2 処理結果コード

返却内容

返却内容はユーザアカウントのエクスポートデータです。書式は fusion_place [マネージャ] でユーザアカウントをエクスポートする場合と同じです(ただし、カンマ区切り形式となります。また、特殊文字 <, >, & の置換は必要です)。

詳細は以下をご参照下さい。

メッセージ

処理結果コードが「SUCCESSFUL」の場合、メッセージ欄には何も表示されません。

「SUCCESSFUL」以外の場合、メッセージ欄には、警告・エラーの内容を表すメッセージが表示されます。