共有作業版データの取り込み

機能概要

fusion_place [マネージャ] から行う「共有作業版のデータ取り込み」とほぼ同じ機能です。設計者権限または管理者権限を持つユーザ以外は実行できません。

相違点として、fusion_place [マネージャ] から行う共有作業版データの取り込みでは、業務プロセスのステータスが「締切済」でなければなりませんが、当処理は、同ステータスが「準備中」「実行中」の場合でも実行可能です。ステータス「準備中」の業務プロセスに対して当処理を実行すると、処理後にはステータスが「締切済」となります。

リクエストの記述方法

「作業版データの公開」のリクエスト記述例を以下に示します。

<request type="INTAKE_TO_PROCESS" desc="共有作業版データ取り込み">
  <parameters>
    <parameter name="APPLICATION" value="SAMPLE1"/> (1)
    <parameter name="PROCESS_DEFINITION" value="BUDGETING"/> (2)
    <parameter name="FISCAL_YEAR" value="FY2015"/> (3)
    <parameter name="PERIOD" value="M9"/> (4)
  </parameters>
  <contents> (5)
  </contents>
</request>
1 「アプリケーション」パラメタ
2 「業務プロセス定義」パラメタ
3 「会計年度」パラメタ
4 「相対期間」パラメタ
5 リクエスト内容

パラメタ

対象アプリケーションに加え、公開元元帳版・公開対象シナリオ(複数)を指定可能です。

パラメタ 必須 キー 指定内容

APPLICATION

Yes

なし

対象アプリケーションのラベルを指定して下さい。

PROCESS_DEFINITION

Yes

なし

対象業務プロセスに適用されている業務プロセス定義のラベルを指定して下さい。

FISCAL_YEAR

Yes

なし

対象業務プロセスの対象期間を示す会計年度ラベルを指定して下さい。

PERIOD

Yes

なし

対象業務プロセスの対象期間を示す相対期間ラベルを指定して下さい。

リクエスト内容

「リクエスト内容」はありません。

レスポンスの内容

「作業版データの公開」のレスポンス例を以下に示します。

<response type="INTAKE_TO_PROCESS" desc="共有作業版データ取り込み">
  <returned-contents> (1)
  </returned-contents>
  <result>
    <code>SUCCESSFUL</code> (2)
    <started-at time-zone="Asia/Tokyo">2015/02/28 09:50:04.227</started-at>
    <ended-at time-zone="Asia/Tokyo">2015/02/28 09:50:07.827</ended-at>
    <messages>
      ・・・ (3)
    </messages>
  </result>
</response>
1 返却内容
2 処理結果コード
3 メッセージ

返却内容

返却内容はありません。

処理結果コード

指定されたアプリケーションラベル、業務プロセス定義ラベル、会計年度ラベル、相対期間ラベルそれぞれに対応するオブジェクトが存在しなかった場合、ERROR が返されます。これらのオブジェクトは存在するものの、それらのラベルの組み合わせで指定される業務プロセスが存在しなかった場合は WARNED が返されます。以外で致命的なエラー生じた場合は、FAILED が返されます。エラーがなく処理が正常終了すれば、SUCCESSFUL が返されます。

メッセージ

処理結果コードが「SUCCESSFUL」の場合、メッセージ欄には何もが表示されません。

「SUCCESSFUL」以外の場合、メッセージ欄には、警告・エラーの内容を表すメッセージが表示されます。