Amazon Aurora 設定ガイド

管理者

(fusion_place >= 10.0)

fusion_place は、AWS のデータベースサービスである Amazon Aurora をサポートしています。

Amazon Aurora の設定の前に、fusion_place のセットアップを完了しておく必要があります。

動作環境

Aurora MySQL の設定

Aurora MySQL の設定において特に留意すべき点は以下のとおりです。

Amazon RDS のパラメータグループの設定

DB クラスターパラメータグループについて、以下の項目の値を変更します。

名前

character_set_server

utf8mb4

max_allowed_packet

33554432

EC2 インスタンスのクライアントプログラムの設定

fusion_place サーバーを実行する EC2 インスタンスにおける MySQL クライアントプログラムの設定を変更します。設定にはオプションファイルを用います。

クライアントプログラムの設定は fusion_place サーバーの動作には影響しません。

以下は、mysql コマンドの接続文字セットを utf8mb4 に設定する例です。

[client]
default-character-set=utf8mb4

データベーススキーマの作成と初期データの投入

データベーススキーマを作成し、システム情報とユーザの初期データを投入します。 この作業には、aurora_init_S118.zip に含まれる初期化用 SQL スクリプトを以下の順に実行します。

  1. create_tb_watermark.mysql.S118.sql

  2. sysinit.S118.sql

  3. create_user.sql

初期化用 SQL スクリプトは、接続文字セット設定済みの fusion_place サーバーの MySQL クライアントプログラム(例えば mysql コマンド)で実行するとよいでしょう。

fusion_place サーバーの設定

JDBC ドライバーの配備

fusion_place インストールディレクトリ内の lib サブディレクトリに、JDBC ドライバーの JAR ファイル(例: mysql-connector-java-8.0.21.jar, 数字はバージョンにより異なります)をコピーします。

アプリケーションサーバー(Tomcat)の設定

Tomcat の設定ファイル(server.xml)について、以下の項目の属性値を変更します。

環境変数の設定

以下の環境変数(JNDI 環境プロパティ)を追加・変更します。

<Environment name="fusionplace/concurrent_update" type="java.lang.Boolean" value="true"/>
<Environment name="fusionplace/dbms" type="java.lang.String" value="MYSQL"/> (1)
1 デフォルトの H2 から変更します。
データソースの設定

リソース fusionplace/datasource について、以下の値を追加・変更します。

<Resource name="fusionplace/datasource"
  <!-- ... -->
  factory="org.apache.commons.dbcp.BasicDataSourceFactory" (1)
  driverClassName="com.mysql.cj.jdbc.Driver" (2)
  username="{ユーザー名}" (3)
  password="{パスワード}" (4)
  url="jdbc:mysql://{エンドポイント名}:{ポート番号}/wtm?characterEncoding=utf-8&amp;dontTrackOpenResources=true" (5)
/>
1 項目が存在しない場合は追加します。
2 デフォルトの org.h2.Driver から変更します。
3 接続用ユーザー名を指定します。
4 接続用ユーザー名に対するパスワードを指定します。
5 書き込み用のエンドポイント名(ホスト名)およびポート番号を指定します。