ディメンションメンバのインポート

機能概要

fusion_place [マネージャ] から行う「 メンバのインポート 」と同じ機能です。すなわち、ディメンションを指定して、 メンバ設定情報をインポート します。 インポートのモード (設計モードと管理モード)を指定することもできます。設計者権限または管理者権限を持つユーザ以外は実行できません。

リクエストの記述方法

「ディメンションメンバのインポート」のリクエスト記述例を以下に示します。

<request type="UPDATE_DIMENSION" desc="店舗マスタ連携">
  <parameters>
    <parameter name="APPLICATION" value="SAMPLE1"/> (1)
    <parameter name="DIMENSION" value="TENPO"/> (2)
    <parameter name="ROLE" value="ADMINISTRATOR"/> (3)
  </parameters>
  <contents>
    ADD_OR_UPDATE_MEMBER, HDR, LABEL, NAME:ja, ・・・・ (4)
    ADD_OR_UPDATE_MEMBER,DTL,"S01","六本木店",・・・・
    ADD_OR_UPDATE_MEMBER,DTL,"S02","代官山店",・・・・
    ・・・・
  </contents>
</request>
1 「アプリケーション」パラメタ
2 「ディメンション」パラメタ
3 「ロール」パラメタ
4 リクエスト内容

パラメタ

fusion_place [マネージャ] でディメンションメンバをインポートする場合と同様の項目を指定します。

パラメタ 必須 キー 指定内容

APPLICATION

Yes

なし

対象アプリケーションのラベルを指定して下さい。

DIMENSION

Yes

なし

メンバインポート先ディメンションのラベルを指定して下さい。

ROLE

Yes

なし

設計モード・管理モード のいずれで、インポートを行うかを指定して下さい。

設計モードのとき

DESIGNER

管理モードのとき

ADMINISTRATOR

なお、設計モードでインポートするには、設計者権限が必要です。管理モードの場合は、設計者権限・管理者権限のいずれかが必要です。

リクエスト内容

リクエスト内容はインポート対象データです。書式は fusion_place [マネージャ] でディメンションメンバをインポートする場合と同じです(ただし、 特殊文字 <, >, & の置換 は必要です)。

詳細は以下をご参照下さい。

レスポンスの内容

「ディメンションメンバのインポート」のレスポンス例を以下に示します。

<response type="IMPORT_VALUES" desc="店舗マスタ連携">
  <returned-contents> (1)
  </returned-contents>
  <result>
    <code>ERROR</code>
    <started-at time-zone="Asia/Tokyo">2015/02/28 09:50:04.227</started-at>
    <ended-at time-zone="Asia/Tokyo">2015/02/28 09:50:07.827</ended-at>
    <messages>
      メンバ "六本木店(S01)" のプロパティ "#MEMBER_TYPE" は変更できません。
      ・・・
    </messages>
  </result>
</response>
1 (返却内容)
2 (処理結果コード)
3 (メッセージ)

返却内容

返却内容はありません。

メッセージ

処理結果コードが「SUCCESSFUL」の場合、メッセージ欄には何も表示されません。

「SUCCESSFUL」以外の場合、メッセージ欄には、警告・エラーの内容を表すメッセージが表示されます。