版系列の圧縮

機能概要

[Web API] で作業版データを公開した直後には、ユーザからは見えませんが、旧公開版も残っており、新公開版は旧公開版からの差分データを保持しています。版系列の圧縮処理を実行すると、旧公開版のデータが新公開版に統合され、旧公開版自体は削除されます。これによって、メモリ消費量を節約することができます。

版系列の圧縮は、設計者権限または管理者権限を持つユーザ以外は実行できません。

なお、fusion_place [マネージャ] から「作業版データの公開」を実行した場合には、公開後に版系列の圧縮も行われます。

リクエストの記述方法

「版系列の圧縮」のリクエスト記述例を以下に示します。

<request type="COMPRESS_EDITIONS" desc="版系列を圧縮する">
  <parameters>
    <parameter name="APPLICATION" value="SAMPLE1"/> (1)
  </parameters>
  <contents> (1)
  </contents>
</request>
1 「アプリケーション」パラメタ
2 リクエスト内容

パラメタ

対象アプリケーションのみ指定します。

パラメタ 必須 キー 指定内容

APPLICATION

Yes

なし

対象アプリケーションのラベルを指定して下さい。

リクエスト内容

「リクエスト内容」はありません。

レスポンスの内容

「版系列の圧縮」のレスポンス例を以下に示します。

<response type="COMPRESS_EDITIONS" desc="作業版データを公開する">
  <returned-contents> (1)
  </returned-contents>
  <result>
    <code>SUCCESSFUL</code> (2)
    <started-at time-zone="Asia/Tokyo">2015/02/28 09:50:04.227</started-at>
    <ended-at time-zone="Asia/Tokyo">2015/02/28 09:50:07.827</ended-at>
    <messages>
      ・・・ (3)
    </messages>
  </result>
</response>
1 返却内容
2 処理結果コード
3 メッセージ

返却内容

返却内容はありません。

メッセージ

処理結果コードが「SUCCESSFUL」の場合、メッセージ欄には何もが表示されません。

処理結果コードが「FAILED」の場合、メッセージ欄には、処理が失敗した原因を表すメッセージが表示されます。上記以外の処理結果コードは使用されません。

留意事項

当処理を行っっても、不要データの整理は行われません。整理が必要な場合、当処理に続いて、不要データの整理を別途実行して下さい。